口臭ババァは嫌いだ!

俺は嫌いな婆がいる。そいつは口がものすごく臭い。口の中にヘドロが流れてるようなにおいがする。そいつとは少ない時間でも話すことが嫌なのにもかかわらずやたらと喧嘩を売ってくる。そいつの口を注意深く見てみるとベロが黒いのがわかった。たぶん黒毛舌と呼ばれるものであろう。ベロの上で角質が著しく伸びて硬くなってしまって黒い毛のように見える状態のことを言う。なぜ黒く見えるかというとカンジタ菌がたくさん付着しているからだ。簡単に言うとメチャメチャ汚い口だということ。たぶん口の中の手入れを全くしてないのであろう。口臭予防対策をしなければいけないという意識が頭の中にまるっきしないのだ。こういう人間と話をしなければいけないのはとても困る。というかかなりイライラしてくるのだ。俺は本当に引っ越しを考えている。こんな質の悪い人間が近所にいるだけで俺のモチベーションは下がってしまう。それであれば引越してしまい新しい環境にしてしまった方が将来の俺のためになる。しかし今の俺には引っ越し資金がない。だからフットワークが鈍くなってしまうのだ。だからばばあとあわなければいけない時は二重にマスクをつけていくようにしている。そうすれば相手の口臭を気にせずに話をすることができる。

セックスの後は大事ですよ!

セックスするときにいろんなところを舐めるのは自由だけどプレイをした後はしっかりとお掃除してほしい。ベロにはいろんな細菌がくっついているからブラシでブラッシングするなり消毒で殺菌するなりしたほうがいいだろう。

穴という穴を舐めるのが好きで好きでたまらないなんていう人も少なくはないだろう。でも自分がなめているものには目に見えない細菌がいっぱい付いているということを考えてみてほしい。それを口の中にいさせ続けてしまったらどんなことが起きるだろうか。そういうこと考えると自分が何をしなければいけないかも自然とわかってくるはずである。

口臭予防をするのは人として当たり前のエチケットだ。マナー違反を犯している人が多すぎる。そんな人間とセックスをすると悲しい気持ちになってしまうのは俺だけじゃないだろう。口が臭くなるのには何かしらの原因があるんだ。

何も悪い事してないのに口臭がきつくなるなんてことは絶対にありえないんだから。もし自分の口臭に問題があると感じているのであれば自分の生活を見直してほしい。これは神様が与えてくれたいいきっかけにすぎないのだから。そしてそれを改める必要がある。意識と習慣を変えなければ人は何も変わらないのだ。

自分で口臭チェック!

鏡を見ながら自分のベロを出来る限り出してみる。

べぇーと声を出してもいいだろう。その時にベロの中央を見つめて欲しい。ベロの中央が白かった頃黄色かったり黒かったりしたらアウト。すぐに磨いてかすを描き出すようにしよう。なぜならそれは舌苔と呼ばれるもので口の中にはあってはいけないもの。

それを掃除することで口臭予防につながる。だけどこれを毎日やってる人はどのくらいいるだろうか?じじいやばばあはやってない人が多いと思う。じじいやばばあこそやらなければいけない大事なことだ。高齢者になるからといった甘えてはいけない。自分の身体のメンテナンスは自分でできるようにしなければいけない。

自分が高齢者だから介護してもらえると思ったら大間違いだ。人に頼るのではなくまず自分でなんとかしようと考えよう。そう言う意識がないと人はどんどんダメな人間になっていくものだ。できれば人の世話になんかならない。なりたくないと思う人が口も臭くなかったりする。すぐ人に頼る人や自分では面倒くさくて無気力になりがちな人ほど口臭はきつい。口が臭いから周りに誰も近寄らなくなりどんどんぼけていってしまう。そんな負のスパイラルに陥らないように意識を変えなければいけない。

薬と口臭の関係

抗生物質などを長期間飲み続けると口の中に進んでいる最近の種類が変わってしまうのだそうだ。それが原因になって口臭を発してしまうなんてことも少なくない。

自分が口が臭いと自覚しているのであればいち早く原因をつきとめよう。もし自分で何か形なのか分からないのであれば病院に行こう。自分がわからないのであれば専門家に聞くのが1番。いちいち本を買って調べるのめんどくさい。

ネットが使えるのであればそれで調べてもいいけどそういうのが煩わしいと感じるのであれば歯医者さんにいって詳しい人に話を聞いてもらえばいい。その時に注意したい事は自分がどういう状況なのかをわかりやすく伝えること。自分がわかっていても相手にわからないことがある。それを伝えるために話すのだから相手が分かる言葉で話さなければいけない。だから自分の生活習慣を日ごろからメモしておくことが大事だろう。

そういうところに口臭がきつくなる原因の鍵となるものが隠されているのだ。自分の生活習慣を相手が分かるように話が出来なければ歯医者さんも困ってしまう。いくら治療の腕がよくても自分の状況を理解していない患者に対して治療するのが難しいことだ。自分の生活習慣メモする癖をつけるようにしよう。

舌苔は舌に映える苔のことを言う。

それは白だけでなく黄色や灰色茶色黒などに変化する。舌が黒い人間は強烈な口臭を放っている。そんな人間に近づきたいと思う奴はいないであろう。口にヘドロがある状態の人間と会話をしたいなんて思う人間がいると思う?息が臭ければストレスを感じてしまいむかついて殴りたくなってしまうだろう。例え年老いたじじいやばばあであっても口臭予防対策をしなければいけない。そうしないと悲惨な事件に巻き込まれてしまうことになる可能性も否めない。どういうことが原因で人は人に殺意を抱くかがわからないからだ。出来る限り人に悪意を持たれないようにするためには口臭予防をしっかりとすることが大事。今スーパーに行けばたくさんの種類の歯ブラシが販売されているしデンタルフロスもあれば舌ブラシも販売されている。これだけのアイテムがあるのに口の中をきれいにできないなんていうのはバカとしか言いようがないだろう。もし口の中をきれいにする方法がわからないのであれば恥ずかしがらないで歯医者さんに相談しよう。歯医者さんの仕事なんだから丁寧に教えてくれるさ。とりあえず虫歯を全部直してもらって歯の磨き方をきっちりと学んでこよう。

芸能人は歯が命。

歯が臭い芸能人など売れるわけがないだろう。そんな人に誰も憧れないからだ。芸能人として人気を保つためには憧れなきゃいけない。歯が汚くて虫歯だらけの人間に誰が憧れるだろうか?必要以上に芸能人は歯にお金をかけてほしい。

そうすることでファンの人たちも歯を大事にするようになるだろう。今の若者は芸能人でも憧れが強い。だから影響力ある人が歯の大事さを訴えてくれればその影響力は凄まじいものとなるだろう。毎日口臭予防してるという事をブログなどでアップすればその影響受けるファンは多くなるだろう。日本国民全体がもっと口臭予防に力を入れてほしい。

そうすればつまらない争い事も少なくなるだろう。つまらない争い事がどうして起こるのかというと日々のストレスが原因で起こるのである。

そのストレスの原因は何かというと人びとが発する口臭である。臭い息を嗅いでしまうとストレスがたまってしまうのは正常な人間なら当たり前のことだ。だから皆が口臭予防に力を入れれば人と人とが衝突する機会が少なくなると言えるだろう。じじいやばばあになると何事もめんどくさくなり風呂に入る回数も減り歯を磨く回数も減っていく。しかしそれではいけないのだ。

俺の大好きな歯医者がこんなことを言っていた。

歯を見ればその人の性格が分かると。歯を見ることでその人の管理能力や清潔かどうかが分かるという。そこは隠すことができない。どんなに綺麗な美人でも歯の管理がしっかりできていない人もたくさんいてがっかりするのだそうだ。

歯のことについてもっと人が学ばなければいけないと思う。なぜならそれは自分の体にあって一生付き合っていかなければいけないものだからだ。その管理が厳か過ぎる人が多く過ぎるのではないだろうか。もっと歯に対する学びの機会を増やしていかなければいけないと思う。それは習慣にならなければ意味がない。

一時的に勉強したとしてもそれが習慣の1部になっていなければ勉強した意味が全くない。べろを磨くということもおろそかにしてる人が多い。日本人の半分くらいが口臭問題で悩んでいるといってもおかしくないだろう。

しっかりした歯の磨き方やベロの磨き方をマスターしていないのが問題だ。いちど身に付けてしまえば難しいことではないのに。英語教育に力を入れるのもわからなくはないがもっと歯に対する勉強も力を入れた方がいいのではないかと思う。英語が話せなくても生きていくのには困らないが歯をしっかり磨けなければ生きていくのにはとても困る。

べろと口臭の関係

口臭が気になる人間がいたらべろを見せてもらおう。べろがきたなかったら口が臭くなるのも当たり前だ。きれいなピンク色してたら何も問題ないだろう。それなのに口が臭いということは虫歯があるか胃腸に問題があるから。胃が弱い人は臭い息を吐くという。

歯周病の人も口臭がきついと言われている。歯周病は放置しておくと歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気だ。これを知らないじじいや婆が多すぎる。歯ブラシはいくつになっても大事なものなのに。歯は一生を付き合っていかなくてはいけないものだ。だから大切にしてほしい。失ってからその不便さに気付くのでは遅すぎる。歯があることを幸せだと思ってくれ。

そしてそれを失わないように出来る事を毎日してくれ。ただ歯を磨くことがそんなに難しいことなのか?全然面倒なことじゃないだろう?それが面倒だなんて馬鹿なことばかり言ってるんじゃないよ。ただでさえ歳をとればどんどんバカな人間になってしまっていくというのに。歯が臭い高齢者ほど近寄りがたいものはないだろう。歯が臭い高齢者は勝ち組か負け組かと言われたら確実に負け組に属するだろう。いくらお金をたくさん持っていても虫歯ばかりで歯医者に行くのも嫌いではなくさかったらそんな人間は負け組だよ。

口臭がすごいと優しくされないの!?

口が臭くないババアと口が臭いババアだったら口が臭くないババアを優しく扱う人のほうが多いだろう。高齢者は面倒みてもらいたいのであれば口臭予防が絶対にするべきだと思う。

誰だって臭い人間を世話してればストレスが溜まってきてしまうからだ。しっかりとお世話になっているという気持ちがあるのであれば出来る限りストレスを感じさせないように対策しなければいけないだろう。俺が高齢者になって世話してもらう立場になったら毎日しっかりお風呂に入って体をきれいにしてはもしっかり磨き口が臭くないように努めたいと思っている。

そうすれば介護してくれる人もストレスを感じる事はないだろう。介抱してくれる人に対して嫌われたら終わりである。出来る限り嫌われないようにするには何ができるかということを考えるだけ考えてほしい。考えることによってボケ防止にもつながる。そういうことを面倒臭がっているじじいや婆はこころよく介護されなくなるだろう。

嫌な扱い受けたくないのであればそれなりのことしなければいけないのだ。特にハイレベルなことをやると言っているわけではない。毎日しっかり歯を磨く。デンタルフロスを使う。舌を忘れずに掃除する。たったこれだけをやればいいだけの話だ。

うまい棒で口臭発生!

うまい棒で好きな味ランキングの1位はコーンポタージュ味で2位は明太子味なんだそうだ。たまに甘い物を食べるとかなりうまくてハマってしまう。でもこれは歯の間に挟まれやすいから要注意だ。歯の間にカスがたくさん溜まると口が臭くなってしまう。

だから自分の子供がよくうまい棒をたべているのなら注意させないといけない。食べたらすぐに歯ブラシをさせるのもいいだろう。すぐに歯ブラシをすれば汚れは落ちやすい。でも、それをずっと放置しておくと、それが原因で虫歯になってしまったり口が臭くなったりしてしまうからだ。うまい棒のようなお菓子のカスははにこびりついてなかなか取れにくいからタチが悪い。デンタルフロスを使わないとれないこともあるだろう。

たとえ小さい子供なってもデンタルフロスに慣れさせるのは早ければ早いほど良い。どうせ大人になれば毎日のように使う訳だし。デンタルフロス使ってる人とそうでない人とでは口の臭さは大きな差が生まれてしまうだろう。歯ブラシをしてるだけでは取れない汚れをデンタルフロスは取ってくれる優れものなんだから。

歯の磨き方やデンタルフロスの使い方は学校の先生が教えてあげてもいいような気がする。それくらい大事なものだと思った。